家やマンションを購入するのは、多額の費用が伴う為、慎重に行いたいものです。

新築物件のチェックポイント

新築物件のチェックポイント

家やマンションを購入するのは

家やマンションを購入するのは、多額の費用が伴う為、慎重に行いたいものです。

以前、問題になった強度計算の偽装の問題や、地震対策等、事前に確認を行う点がたくさんあります。価格だけで飛びついたら、大変なことになります。
私が考えるチェックポイントは、以下のとおりです。
先ず建設されている土地について、以下の点をチェックします。活断層の近辺にないか、歴史的に見て、水害の被害に遭わない場所か、粒状化が発生するような地質ではないか。造成された土地の場合は、造成前の地形や立地、土地を切り崩した場合は擁壁の構造、近隣住民の構成(※主に治安面を重視)、交通アクセスの利便性、子供がいる世帯の場合は、学区と学校までの距離と近隣病院の状態等です。

次に、建物について以下の点をチェックします。耐震対策が十分になされているか、施工を行った建築会社に問題はないか、戸建住宅の場合は、雨漏り等が起こりにくい構造になっているか、生活の導線に基づいた間取りになっているか、収納が十分にあるか、バリアフリー構造になっているか。また、テレビ・電話・NET等が各部屋で利用できるようになっているか、電気・通信設備のメンテナンスがし易い配管やダクトが用意されているか等です。

建物は、経年劣化と共に、思わぬトラブルが出るので、色々な面で注意が必要です。
価格とのバランスもありますので、どれかは妥協せざるを得ませんが、できるだけ理想に合った新築物件を購入したいものです。

注目情報