新築物件の購入を考える場合、建売の物なのか、それとも自分が注文して建ててもらうのかによって、チェックポイントは大分変わってくると思う。

新築物件のチェックポイント

新築物件のチェックポイント

新築物件の購入を考える場合

新築物件の購入を考える場合、建売の物なのか、それとも自分が注文して建ててもらうのかによって、チェックポイントは大分変わってくると思う。
というのも、注文の場合は、ある程度の使い勝手であるとか、仕様というものを、自分で考え把握しながら作ってもらえるけれど、建売の場合は、人によって何が便利であるとか、そういった考え方はまちまちなので、自分がこうあるべきと思っている物が、その通りになっていないことも多いからである。
なので、自分なりのチェックリストを作っていくのが良いと思う。もし、自分が建てるなら、この部分はどうする、というガイドラインやチェックリストを用意していく。そして、その物件がその仕様どおりになっているかをチェックする。細かいことかもしれないが、見た目の綺麗さで気づかなかったけれど、住んでみたらびっくり、という事が無いようにするためである。
その点、中古物件と言うのは、誰かが一度は住んでいるわけで、その時点である程度、耐えられないおかしな仕様は修正されている可能性が高いからである。新築の見た目の綺麗さに惑わされない、住み心地重視の家選びの為には、必要なことだと思う。

注目情報