新築物件をチェックする場合、一番のチェックポイントはその土地だと思います。

新築物件のチェックポイント

新築物件のチェックポイント

新築物件をチェックする場合

新築物件をチェックする場合、一番のチェックポイントはその土地だと思います。
震災後は、古地図などで、その土地が元々どんな土地だったのかをチェックする人が増えたと、ニュースでも何度か紹介されていました。
今はどうなのか分かりませんが、やはりその新築物件が、どのような土地に建っているかは気になります。
私の住んでいる町でも、震災前に作られた海岸沿いの新興住宅地が、震災後に値下がりしたという話も聞きます。海から離れればいいかというとそうでもなく、いまは平地でも、昔は沼だったというところもあり、海から離れているのに標高が低いので、津波が川を遡上してくると危ないのではないかと、言われています。元々田んぼだった場所などの軟弱地に家を建てると、床の傾きや、家のゆがみが出る場合もあります。
新築物件には様々なチェックポイントがあると思いますが、その土地がどんな土地だったのかということは、真っ先にチェックしたいポイントです。

注目情報