建売物件の場合、すでに外装や間取りが決まってしまっているので、見学に行った時に自分の好き嫌いがはっきりすると思います。

新築物件のチェックポイント

新築物件のチェックポイント

建売物件の場合

建売物件の場合、すでに外装や間取りが決まってしまっているので、見学に行った時に自分の好き嫌いがはっきりすると思います。また、核家族であるのか、同居であるのかで、チェックするポイントも変わってくると思います。
私の場合は、同居することが前提で物件を見たので、一般的なチェックポイントとはずれているのかもしれません。私の場合は、水周りの確認がとっても必要でした。
一般的には1階にキッチンとリビングがあれば十分なのですが、同居の場合は、小さくても2階にキッチンが欲しいですし、洗面所・トイレは必須条件でした。

風呂に関しては、付いていればいいくらいの条件でしたので、建売物件の場合、なかなか思うようなものはありませんでした。
女性は水周りの関係は毎日のことになるので、そこは妥協すると、後々までああすれば良かったと考えるので、水周りだけはしっかり見ておいた方がいいと思います。洗濯機など、ドラム式を入れたいけれど、スペースが狭く作ってあって入れられないといったケースもあります。
家事こそ快適に行いたいものなので、しっかりチェックした方が良いと思います。